MENU

歯の黄ばみの原因

 

多くの人々を悩ませる歯の黄ばみ。原因は、他力本願です。

 

一般的には、「ステイン」という物質が原因だとよく言われます。確かに原因の一つです。コーヒーや紅茶などに含まれ、着色の元となるからです。カレーライスのルーも濃い色で、ホワイトニング処理をした女性がしばらくカレーライスを食べたくない、コーヒーを飲みたくない、というのはよく聞く話です。

 

しかし、しばらく経過すると元にもどってしまい、またホワイトニング処理に行くことになることも多いのです。

 

定期検診をコンスタントに受けている方はご存じでしょう。口内のコンディションに合わせ、ブラッシングについて指導されます。指示された通りに磨いていると、コンディションはたいてい良いままで保たれることが多いのではないでしょうか?

 

一方で、食事の後のブラッシングを怠ると、着色しがちです。ホワイトニング専用ペーストを利用しても、メンテナンスを怠れば、すぐに元に戻ります。

 

歯を「食器」と考えて、食べた後にすぐに丁寧に洗うようにすれば、さほどペーストを多く使用したり、特別なものを使わなくても、ひどい黄ばみはつきません。

 

道具や人に頼って黄ばみを落とす対処療法では、白さは長続きしません。自分の歯は自分でキレイに保つという、自力本願こそが歯の白さと健康を保つ秘訣です。味気ないようですが、ホワイトニングペーストよりも、歯科衛生士の言葉に従うほうが、確実な道だということです。