着物買取してもらうなら

着物を売る方法

成人式などで購入した着物を大切に保管してはいるけれど、着る機会がなくそのまま眠らせてしまっている方も多いのではないでしょうか。
そんな着物を売る方法はいくつかあるようです。

 

まずは着物の買取を専門に行っている買取店が自宅の近くにあるならば、その店舗に持ち込んで査定をしてもらい買い取ってもらうことが、直接話をしながら査定を行ってくれるため、一番良いと思います。

 

また、買取店が近くにないという方には郵送で送り、査定金額に納得できたのなら口座に買い取り金額が振り込まれるという方法や、買取店のスタッフが自宅まで査定に来てくれることも多いようです。

 

この場合の送料や自宅までの訪問の費用も無料で行っている買取店も多くあるので、事前によく調べておくことが大切です。

 

着物を売る際には、帯や足袋、成人式などで使ったショールなどがある方は一緒に査定してもらうことでより高い金額で買い取ってもらうことができるかもしれません。

 

着物には特別な思いがあり、なかなか手放せない方も多いと思います。
ですがしまっておくだけではなく、新しい場所で誰かに綺麗に着てもらえると考えたら、思い切って買い取ってもらうことも素敵なことだと思います。

着物買取業者の選び方

着物を適切な価格で買取してもらう為にはどの業者に売るかがとても大切です。そして選び方のポイントで特に重要なのが着物に対しての知識を十分に有しており、実績が豊富にあることです。
着物は産地や使用されている生地、織り方、柄の美しさなどの色々なポイントを確認しながら価値を付ける必要がありますが、十分な知識を持っており、そして実績が多く、着物に慣れているところでないと着物買取で高値を付けてもらうことは難しくなってしまいます。
ですからできれば着物専門店を利用した方が良いと言えますし、失敗する可能性も低くなるはずです。

 

諸々の手数料が無料で利用できるかどうかもポイントです。査定に掛かる費用はもちろん、着物買取をキャンセルした時に費用が掛からないことも大切ですし、出張依頼や宅配買取で売る際にも費用が掛からない方が便利です。
どのような手数料が掛かるのかはホームページに記載されていることが多い為、事前にチェックしておくことが大切ですが、もし記載がない時には電話やメールでよく確認してみた方が安心と言えます。
また、電話などによってアプローチすることで対応の良し悪しも確認できますので、そういった点も業者選びの判断材料になります。

更新履歴